« キャンタイプトランジスター | トップページ | ハムバランサー その3 量産 »

2010年2月 6日 (土)

ハムバランサー その2

Omf 反響が大きいのでノウハウ?を一挙公開しましょう。

ディールのrs5は表面が塗料で出来ている為ヤスリで簡単に削れます。仕上げはシンナーを浸した布で擦り抵抗線を浮き立たせます。所要時間10分程度。

オーマイトは以下の説明を参照。オーマイトの10w50Ωのホーロー抵抗です。

表面は硬質のガラス状でヤスリ掛けはへこたれますが最初の一撃が肝心で、表面が削れれば内部はさほど硬くないホーローでなんとか削れます。

削り込むと抵抗線が出てきます。これからが慎重で抵抗線を出来るだけ削らないようにホーローをヤスリ掛けします。

ある程度回しながら円周上に抵抗線が露出するようにヤスリ掛けを進めます。

かなり削れて実用範囲に入りました。

4コマ、ここでシンナー溶かし作戦をやりましたが流石にホーロー抵抗、表面の洗浄程度の効き目しかありません。ここまでで30分から40分程度の所要時間。

最後にワイパーブラシに相当するものを作りますが、抵抗線のピッチが広いため注意しながら確実に接触する構造にします。信頼性に関係する部分で各自検討してください。

ofc銅板などを使いねじで抵抗線を締め付ける方式が正統でしょうね。あんぷおやじ流は早く作りたい為ofc線をよじって巻きつけ仕上げはハンダ付けです。

Om5ヤスリは番ていが分かりませんが画像のようなヤスリ、これ1本で削れました。

|

« キャンタイプトランジスター | トップページ | ハムバランサー その3 量産 »