« イタリア紀行 番外編 ベルニーニ | トップページ | JAZZドラマー斉藤良さん »

2010年2月 8日 (月)

インビクタス ラグビー

20102010年組新人戦準決勝に元4番ロックと家人で応援に出向いた。

聖光学院に一日の長で敗れたが、光るプレーや未熟なプレーが渾然となり新人戦そのものと言える。見ている方は勝手な事を言ってるが、必死に自己と戦い、重たい一歩を踏み出す躊躇に懸命さが見て取れる。

がんばれ!2010年組翔洋ラグビー部!

Sa1急ぎエスパルスプラザへ向かう。南アフリカラグビーチーム”スプリングボクス”の奇跡のワールド.カップ制覇の映画を見に行く。

政治絡みだが全くいやらしい所が無く、ラグビーの精神性の偉大さを映像で表現した感動の物語。

エンディングの歌詞に...

勝っても負けても引き分けても、人々の心に勝者の魂が宿る...

|

« イタリア紀行 番外編 ベルニーニ | トップページ | JAZZドラマー斉藤良さん »