« daコンバータ再び | トップページ | JAZZピアニスト 青木弘武さん »

2010年3月21日 (日)

カウンターポイントsa3.1の電源

Sa31放熱対策で外へおっぽり出した電源トランスは錆びてラジオのトランス如きで余りにも気の毒。

ならばと大型トロイダルトランスと小型のトロイダルトランスをofcの銅板に取り付けた。

音色の重要な電解コンデンサは上海駿河屋さんがシンガポール架橋の電子部品屋で怪しい中国語を操り、安く仕入れてきたのをもらった。

配線材はofcの太い奴...見事に条件が整い音だしするとベースが甘くボケる。

何時もの事で苦労してこの成果では...
丁度割烹わかすぎの若旦那が”疲れたー、コーヒー飲ませて!”と転がり込む。

丁度良かった、聞いてや!
あんぷおやじー、ボケじゃあなくて強力電源でレンジが広がっただけや!他を広げて。

レンジ拡大の細工をすると見事にふかぶかした音に変わり、又しても電源の重要性に気付かされた。

ボケと落胆する貴方!年をとれば知識も豊富でレンジが広がり周りがついてこれないだけで元気を出そう。

|

« daコンバータ再び | トップページ | JAZZピアニスト 青木弘武さん »