« Clarity Cap | トップページ | カウンターポイント sa3.1 »

2010年3月 3日 (水)

Lady Kimさんと坂井紅介さん

Kim3伊藤八十八先生のプロデュースの中でレディ.キムさんの(everything must change)レコードはお気に入りです。

小柄で気だるそうにマイクに向かいビリー.ホリディの若い頃のように甘ったるく歌う喉の動きが見える...うちの装置から出た幻影で本物かどうかは知らない。

後で気が付いたがこのアルバムのベーシストは坂井紅介さんで前回来られた時には知らなくて、失礼した。

紅介さんが”年に2度位は一関ベイシーへ行くかな、あそこで原点修正をしてまた仕事に戻るね”今ならこの言葉が合点が行く、そうかプロにはプロのベイシー詣での意義があるのか。そして八十八先生にsugawaraさんに紅介さん、みんな仲間だもんな。

次に来られた時にはサインをもらっとこ。

|

« Clarity Cap | トップページ | カウンターポイント sa3.1 »