« サンフランシスコベイブルース 番外編 | トップページ | daコンバータ前衛 その2 »

2010年3月24日 (水)

daコンバータ前衛

Da210000ミクロンの銅基板に乗ったdaコンバータで前衛と言おう。

作ったのは数年前で、浜松の展示会に出品したら河合楽器の常務がすっ飛んできて”これは何?”と部下達とつぶさに見ていた。

発想が前衛で実力は並だと答えは並で、いささか滑稽と言わざる得ない。

最近少しは実力もつき前衛っぽくなり、音はスーパーリアリズムに進化してあんぷおやじが描く絵と近似してきた。とゆう訳で数年前のdaコンバータを解体し現代テクノロジーを投入してdaを前衛している。

構想と現実が近づけば妄想でなくなる。

|

« サンフランシスコベイブルース 番外編 | トップページ | daコンバータ前衛 その2 »