« ashlandヒステリシスシンクロナスモータの解析 その1 | トップページ | スガダイロー君JAZZコンサート その1 »

2010年5月30日 (日)

DP100,DP80再生プロジェクト13

Dp80モータとは空恐ろしい話!数式で煙に巻くか語気!で煙に巻くかどちらも大差がなく、音との因果関係は未だ追求が終わっていない。

散々理屈をこねたエンジニア達もcd時代だからな!とさっさと引退した。引退できないあんぷおやじは40年前と変わらずレコードプレーヤモータの研究を続けている。

子供の頃、積算電力計の滑らかな回転に見とれていた。あれほどうまく回るモータは未だかって無いように思う。これは”アラゴの円盤”とゆう理屈によるもの。

アラゴの円盤モータがdenonのdp80とdp100モータになる。denonに聞いたってその開発者はもう辞めて居ないがね、とつれない返事。

だが安心して欲しい、実際にこのモータを設計した人物はあんぷおやじのモータ先輩で未だ現役、十分に指南を受けた門前の小僧は、アラゴ円盤モータを自力で設計できるまでになった?

画像は33rpmで回っているが実に滑らかで美しい。

|

« ashlandヒステリシスシンクロナスモータの解析 その1 | トップページ | スガダイロー君JAZZコンサート その1 »