« ヒステリシスシンクロナスモータを回す その3 | トップページ | ashlandヒステリシスシンクロナスモータの解析 その1 »

2010年5月27日 (木)

eadヒステリシスシンクロナスモータの解析 その1

Ead6ブルックリン側、ブルックリン橋のたもとからニューヨークの摩天楼を眺めるのが好きだ。

brooklyn n.y.,usaのプレートがニューヨーク、ハドソン川の香りを思い出させる。

Ead1eastern air devices,incがメーカ名で115v,1.5a,1800rpm,4p、d4studioさんから借用。

Ead2またしてもドンキホーテか?はたまた画期的な出来事か?50年以上も前のモータに手が油で真っ黒になりながら興奮して特技の解体技術を振るう。

d4studioさんが目をむいてたまげるほどの解体でスマン!

メタル軸受けがあるがスラスト方向の受けがかなり怪しい。メタル軸受けは日立時代にモータのメンテナンスに関わって多少知識がある。

Ead3おー!立派なヒステリシス材のロータだ。ファンはイイカラハチロベイみたいな怪しいファンで手が切れる。こんなファンは撤去してしまおう。

Ead4ステータは勿論分布巻き線で綿絶縁電線の引き出し線が時代を物語る。

紛れも無く太い音は出る。しかしこの昔の洗濯機用モータに似た豪快な作りは精度感に乏しく随所に手を入れる必要がある。

|

« ヒステリシスシンクロナスモータを回す その3 | トップページ | ashlandヒステリシスシンクロナスモータの解析 その1 »