« イタリア紀行 番外編 猫の額農園 | トップページ | eadヒステリシスシンクロナスモータの解析 その1 »

2010年5月26日 (水)

ヒステリシスシンクロナスモータを回す その3

Mot4寡黙なオーディオ職人は頭を回すよりも先に手を動かす。それは子供の時からの習慣でしくじって始めて事の深さに気付き反省するが懲りない。

懲りないから今時Hysteresis Synchronous Motorになる。モータ制御専門の大学の研究室へ通っているが今時Hysteresis Synchronous Motorなんか歴史的遺産の取り扱いでしかない。

Rtさて周波数同期型でReluctance Synchronous Motorの1500rpmが33rpmで回るかどうか実験した。

画像の1電気角が1.2secで1回転2電気角の2.4secとなり25rpmで回った。回ったがパルスモータになってしまい腰を抜かした。

これをd4studioさんからお借りするashland社Hysteresis Synchronous Motorでも行いReluctance Synchronous Motorとの違いを明らかにする。

|

« イタリア紀行 番外編 猫の額農園 | トップページ | eadヒステリシスシンクロナスモータの解析 その1 »