« eadヒステリシスシンクロナスモータの解析 その1 | トップページ | DP100,DP80再生プロジェクト13 »

2010年5月28日 (金)

ashlandヒステリシスシンクロナスモータの解析 その1

Ash2brooklynもいいけれどlong islandの方がもっといい。

ロングアイランドのパインローン.メモリアル.パークにはカウント.ベイシーのお墓がある。

Ash1ashland electric products inc.long island city. n.y.,usa。

又してもニューヨークか、なぜ?

115v,1800rpm,4p。d4studioさんが次々とヒステリシスシンクロナスモータを送り込んでくれる。

Ash3軸受けはメタルでスラストにはボールが入りこれならばひとまずokデス。

Ash4巻き線もコアも美しくどうやらロングアイランドの勝ちの雰囲気である。

スロットはなんと24スロットありこれは面白い、結線の方法を調べよう。

Ash5_2ロータのヒステリシス材の 円筒加工も磨きが入るくらい丁寧で好感が持てる。

Ash6シャフトエンドのボールスラスト受け。

明らかに精緻精度感に溢れ尚且つ回転が滑らかで機構から来る時定数も小さくレンジは広いと読んだ。

ただこのクラスはdenonのdp80程度なので格別凄いわけでもない。レンジの広いashlandか重戦車の如きeadはこの見た目と音の因果関係が興味深い。

|

« eadヒステリシスシンクロナスモータの解析 その1 | トップページ | DP100,DP80再生プロジェクト13 »