« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

Technics SP-10物語 その3

Sp10e広島大出の若きエンジニアは、やおらモータの状態方程式を黒板に書き始めた。

なんの屈託も無く教えてくれる天才肌の若者!久々に出合ったとても太刀打ちできない若者だった。

y川モータの社長にお願いしてあんぷおやじ製の15kwサーボアンプテストで、トルクリップル測定装置を借用しにわざわざ北九州まで出かけた。

Trqその若き天才エンジニアが”あんぷおやじー、なんでこんなに簡単な演算式で我々のデータに近い0.5%のトルクリップルが出せるのねー!”とたまげる。こっちは数式は苦手で電流制御時間を滅法早くしただけだった。

この事は実に意味深く電流制御時間の早さがゲインの向上につながり、dq軸変換2軸直流電流制御しなくてもipmモータが見事に動作した。

ブラスレスdcサーボモータの問題点はコギングトルクとトルクリップルで、モータ設計におけるこれらの改善方法を若き天才から叩き込まれた。

RtTechnics SP-10を手でゆっくり回し静止を見る、やはり磁石に引っ張られて静止位置が決まる。これが磁石つきの宿命、自然の法則に反して停止する。

コギングだが、そんなの問題じゃねーと言われるかも知れないが、軸受けやその他徹した摩擦やロスをなくすと浮き彫りにされてくるいやらしい問題点。

|

2010年6月27日 (日)

TEAC TN-400 ターンテーブル その2

4006_2宝の発掘みたいなもので経験とカンがものを言う。

軸受けに仕掛けがあるに違いない!軸受けのキャップをレンチで外すとシャフト固定用のスナップリングが出てきた。これを外してロータは抜ける。

4001ー!ステータが姿を現しsp-10とはだいぶ違う。

位置センサー着磁されたリングとトイメンに検出用のコイルがあり、いずれにせよ低分解能。

4002スロットにはスキューが掛からずロータマグネットに細工がしてあると思う。

巻き線などsp-10に比べて手作り感が漂う。

4003外側の黒いリングがロータマグネット、その内側は位置センサー用のマグネット、最内側がteacお得意のマグネフロート。

bj44v190eさんの情報ではテクニクスと関係ないとされていて”teacが独自に開発した”が真相のようだ。60スロット20極のコギングに一番大きく影響する比率は真似してしまえ!でしょうか。

4004_23相交流のブラシレスdcサーボモータで2軸直流変換して、d軸電流から電気角を算出して制御する方式で粗く動かした。パラメータなど丁寧に埋め込む必要はあるが簡単なテストでよしとした。

4005制御電気角を75度程度に設定して高精度な電気角制御ができれば位置センサーから開放される...別な研究課題となる。

次はteacのサーボアンプで回転させて波形を観測しよう。

|

2010年6月26日 (土)

TEAC TN-400 ターンテーブル その1

4001律儀なbj44v190eさんがTEAC TN-400 ターンテーブルを速攻で送ってくれた。

早速特技の解体技術でバラすが、teacとは因縁浅からぬ仲?であり興味津々であります。

4002残念ながらモータそのものを分解するまでに至っていない。

ロータが抜けず借用品で無下に乱暴はできない。モータの構造については、その2で明らかにしよう。

4004早速逆起電圧の測定で驚きの結果が!

サイン波は美しく申し分ない。33rpmでなんと2.05vpp、テクニクスのsp-10と近似特性である。しかもモータが60スロット20極は完璧に同じ。

これはどうゆう事なのだろうか?コピーか?oemか?

4007続いて世界最速サーボアンプの同期運転法で試しにモータのみ回してみる、全く問題ない。

似て非なるモノがモータに関して言えば殆ど同じといえる。

|

2010年6月24日 (木)

Technics SP-10物語 その2

Sp10p世界最速サーボアンプのプロジェクトリーダー、n村さんが”あんぷおやじー、オーディオ機器を色々持っているので見に来たら”

早速見に行った。
半端ではない、あるはあるは高級機がぞろぞろ出てきてたまげた。
”n村さんこのターンテーブルはTechnicsじゃあないですか!”
”そう、中々出来が良さそうね”
”もしや?”

プラッターをはずしてたまげた、正真正銘のTechnics SP-10、例の60スロット20極モータのヤツだった。
”n村さん是非貸してください!”
”ようがす”

ベイシーのマスターの言う通りで、モノとゆうヤツは必要としている所へ集りたがる習性で、かくしてsp-10が転がり込んできた。

Sp10m sp-10mkⅡは経験があり、現在モータ解析で信州のモータ先輩に貸し出している。sp-10が手元に来た今、歴史的名器の解析を行う事にしよう。

ステータはことのほか小さくdenonのdp-100をばらした時の衝撃は無い。dp-100は洗濯機のモータくらいごつく尚且つ精度感があった。

解析の第1歩は逆起電圧の測定から入る。モータの結線をバラして外部へ抵抗をスター接続、仮想スターポイントを作り、手でおおよそ33rpmで回す。

33rpm1その時のu相v相の波形を撮る。
おー!苦労の跡が分かり、あんぷおやじがokを出せる美しいサイン波だ。33rpmで2.3vpp,ここが重要で出力アンプのロスを入れても±5v~±10vの電源電圧で動く。

33v次にテクニクスのアンプを作動させモータを33rpm回し、線電圧を測定して腰を抜かす。なんとゆう駆動波形なのだ!

結局この時代dp-100もsp-10の両機種とも制御がモータの能力に追いついていなくて、良い音は引き出せなかったのだろう。

せっかく美しいサイン波の逆起電圧なのだから、せめて同程度の駆動電圧、電流にしないとモータに申し訳ない。時間軸は(u相黄色)180msecで20極の10電気角とすると1.8secでどんぴしゃ33.33rpmになる。

|

2010年6月21日 (月)

Trio 64 Bill Evans

Trio64ビルエバンスのトリオ64でスコット.ファラロ亡き後ゲイリー.ピーコックが入っている。

スコット.ファラロの居た時代の演奏は、蜂蜜をスプーンでかき混ぜるが如き濃密なインタープレイだったが、verveになってからは随分とあっさりとしているように思う。

ジャケットがお洒落でお気に入りだがレコード盤はプチプチだらけで残念。

|

2010年6月20日 (日)

スーパーTTプロジェクト その5 dp-80詳細

Dp805dp80は24スロットで3相だから某氏の記事では8極となっている。

ステータティースの外径がφ102.5で外周は321.85mmとなり24スロットで割ると13.4mm、1ティースとなる。ステータティースの頂部が12mm程度、ローターとステータのギャップは0.15mm、エディカレントモータの特徴でギャップは狭い。ロータの内側がアルミ板でここに渦電流が発生して回転力を得ている。

Dp803dp-80の巻き線は分布巻きである。

第3世代プリウスは補機を集中巻きにしたが、メインモータの60kwモータは相変わらず分布巻きで賢明な選択に思う。原価と他社の競合の中でどこまで持ちこたえられるか?

巻き線にも様々なノウハウがあり先人の苦労が伺え、学ぶと奥が深い。バラせないが外観から見ると各2コイルのu,v,w相が順番にスロットの収まっている。

Bunpuそこで巻き線を正確にスケッチしたら単純な分布巻きで、1スロットに2種類のコイルが入って2層巻き構造。

スーパーTTプロジェクトの巻き線はどうやら分布巻きが必須のようだ。ここ一番、合理性便利性は無視して全てが音楽の為に、全てが滑らかに回す為に、工数は掛かるが分布巻きでいこう!理由は下記の通り。

電気(システム)工学科 Q&Oより引用

            分布巻      集中巻
起磁力波形     正弦波      矩形波
巻き方        複雑        簡単
巻線コスト      高い        安い
線積率        高い        高い
スロット数       多い        少ない
小型化        難しい       簡単
コイルエンド長    長い        短い
騒音・振動       生じにくい    生じやすい
異常トルク       生じにくい     生じやすい

|

レコードの音

Lp多忙でcdばかりになっていた。

久々にレコードをかけてたまげる!

レコードは構造上、ビニールと針で擦って摩擦熱を出し寿命を縮め、それが振動エネルギーとなり発電機で発電して、まるで火力発電所だ。

この熱エネルギーはcdがどうがんばっても出せない。ターンテーブルの開発がライフワークだが、まだまだ凄い音が出そうなレコードに何時もやる気を授かる。

|

ラウンド.ミッドナイト

Dex少し前だがbsでラウンド.ミッドナイトをやっていた。

パリへ都落ちしたテナー奏者はデクスター.ゴードンで、やがてやる気を授かりニューヨークへ戻り再起するが、亡くなってしまう。

バド.パウエルがモデルのようだった。

今は亡きjazzミュージシャンが映像に現れ、デクスター.ゴードンの名演技と合わせてjazzの傑作ムービーを思わせる。

|

2010年6月18日 (金)

DP100,DP80再生プロジェクト16

Rot1スナップリングを外してロータとステータとに分ける。

アウターロータはアルミダイキャスト製で内側に磁気回路用の電磁鋼板、最内側に渦電流用のアルミ筒、このアルミ筒も内側を旋盤で仕上げてある。

St1ステータは24スロット分布巻きで実に丁寧に作られている。

これもやはり最外側は電磁鋼板の積層カシメた状態で旋盤仕上げしてあり見事。

大事な覚え!エアギャップが直径方向で0.3mmしかない、従って0.15mmのエアギャップで磁石を使わない分狭い。

さすが原設計は我がモータ先輩で設計者の人格そのものが現われる。所がそのモータ先輩は音にはオーディオにはさして興味が無い。これが良いのかも知れない。淡々と仕事でモータを設計している。

一方のあんぷおやじは狂人に近く、思い入れがドロドロおまけに怨念?まで、モータが引いてしまうかも知れない...

denonの現役設計者諸君はこの素晴らしいモータが過去にあったことに誇りを持ち、是非このオーディオ冬の時代をがんばって欲しい!

|

2010年6月16日 (水)

DP100,DP80再生プロジェクト15

Dp8033rpm実に滑らかに33rpmで回転するdp80!

そうかと言って凄いモータでもなく量産でしっかり作られた原価優先のモータと言える。この程度のモータですら今日では見ることも出来ずそうゆう時代になってしまった。

美しいサイン波でオープンループテストでもそこそこ速度同期が取れてたいしたモノだ。

33rpm33rpm時の同期波形を見る。

黄駆動電圧が5vpp、青駆動電流が150mapp、黄と青の位相差が30度で正確に回転している。

時間軸は1サイクル124msecで33rpmとなっているが、これは直接的ではなくあくまでも電圧の大きさで速度が変わるブラシレスdcモータと同じトルクカーブを示す。

Dp8045rpmこちらの波形は45rpmで時間軸は全く33rpmと関係ない。

ここで興味深い事は駆動する”周波数と電圧と音質”の因果関係で、過去の開発ではなんら話題にもなっていない。

これはもうヒアリングするしか方法がない。ここも音質を決める大きなポイントになると思う。

|

イタリア紀行 番外編 アウトストラーダ A1

A1アウトストラーダA1(L'Autostrada A1)とは、ミラノとナポリを結ぶイタリアの高速道路です。

全長は760kmでナポリへも行きミラノにも行ったので全線を走った事になるが、実際は途中の寄り道などで欠けている。

高速道路の周辺は美しい農場が多く快適なイタリア紀行となる。

旅の疲れで居眠りは勿体ないですよ!

|

2010年6月15日 (火)

マイクロ精機のヒステリシスシンクロナスモータ

Microマイクロ精機のローコスト機ヒステリシスシンクロナスモータを回してみた。

画像の黒いモータがそれで、当時の松下電器が製造していた。

ddのブラシレスdcサーボモータへ移行した理由が、回して直ぐに気が付く、90度位相の2相サーボではトルクリップルが大きい事と高回転の1800rpm(4p)がいただけない。

高回転では振動を抑える為に防振ゴムで本体から浮かす理由がそこにある。

我々が開発したレコードプレーヤ用ブラシレスdcサーボモータの方がよっぽど静かに回るし、24極あたりにして低回転にもっていく理由も分かる。

残留磁束の大きいヒステリシスシンクロナスモータも万全ではなく、せめて3相にして対策したい所だ。

|

2010年6月14日 (月)

TTプロジェクト その1

Emtt2究極のターンテーブルプロジェクトは既にスタートしている。

アンプで実力を世に問うても認められるには結構苦労困難が伴い寿命が...レコードプレーヤは時代が終わってしまったかも知れないが、完成せずに終わった無念が残る。

そこで四半世紀を捧げたモータ制御、ターンテーブル制御の集大成で世に問いたい。

プロジェクトはちょっとした複合技術のシスティマティックで各部において右往左往の悩ましい設計が待っているが、迷いながら前進する事としよう。

モータのスロット数の検討に入るが、今の所denonのdp-80(24スロット)が一番滑らかでスロット数は多いほうが良い。現在設計を進めているφ300のモータは概略60スロット(テクニクスsp-10に同じ)で現実的な線となるが前例があり面白くない。

そこでスロットピッチ15mmで120スロットとすると、φ570mmで途方も無いサイズだが可能性を探ってみよう。

|

2010年6月11日 (金)

狂気の改造 了

Cd16f”cd-16fあんぷおやじ改”の威力は弦にあり。

ストラディはたまらない美しさが表現できてしてやったり。ピアノの音色の美しさも特筆すべきでクラッシックがいい。

その分沈み込まないからjazzの荒々しさは消える。

割烹わかすぎの若旦那がたまげていたが、実は昨夜は徹夜でトランスの温度ヒューズを撤去した事を明かした。際どい一線は滑り落ちる危険もはらみ、スリリングな迫力ある改造だった。

改造の肝は”イメージ”にあり...モチーフを見た瞬間に印象派でいくか?イタリアルネッサンス派でいくか?今回は光溢れる印象派をイメージし、その分優しくなった。

|

2010年6月10日 (木)

狂気の改造 ファイナル

T11気になる!
気になり始めたら居ても立ってもいられず本業を止めて手を出す。

①cdー16f最後のフン詰まりはトランス内臓の温度ヒューズでこれが音を悪くしている?メーカーは電源が間違えられても大丈夫なように安全設計をしているが、この寿命が尽きそうな古い機体に今更必要もない。
必要ないが外し方が神業である。

②赤白線の隣になにやら黒い物体が?間違いない、これを発掘しよう。

一気にやればトランスホルマル線との結合が切れてしまいご臨終となる。ご臨終でも良いようにトランスの無負荷電圧を控える。
青、茶3.6v、茶、赤、橙16.5vx2、黄、茶、青、11.3vx2、紫、灰、8.7v

刃先の細いナイフを差込絶縁紙を細かく切りながら温度ヒューズ周りに空間を作る。

無理だ!とてもではないが不可能...毎度ながら、いき詰まりの後悔感。
そうだ底のプラスチックボビンを割ってしまい下から追い出す作戦でいこう。

③ノミを振るい底がパックリ開いた。下から上から細い刃物で絶縁紙を切り刻むと見事に温度ヒューズがむき出しになった。
④上に引き上げ接続部を出そうとするが引っ張られて無理だ。

⑤ならば下へ引きずり出そう、出た、これが⑥温度ヒューズの正体なり。切り取りofc線で直結して作業完了。

⑦温度ヒューズの発掘作業だけで2時間も掛かり、これならばトランス丸ごと交換した方がよっぽど良い。しかし人のやらない事をやるのが狂気の改造の真骨頂で実に達成感がある。勿論激変した音は言うまでもない。

真似はしないで下さい。大抵トランスがご臨終となりますから外部へ音の良いトランスを設置されることをお薦めします。

|

2010年6月 9日 (水)

狂気の改造 その2

16f1割烹わかすぎの若旦那は今月までサクラエビ祭りに端を発して多忙を極めていた。

狂気の改造も音響マイスターの最終チェックが入らないと出荷できない。そこで無理言って来てもらった。

あれ!リチャード.クレイダーマンのピアノだ!

ー、実は自分でもそう思ってましてね...と、しどろもどろの返事。

細かい音は出るが弾まない、そこでesa(銀)にpx(青)をパラッた。
そーれ、ピアノがスタインウェイになった!と若旦那。

所要時間たったの5分。

屈指の料理人は調味料(コンデンサ)の使い方が天才的で又しても脱帽、でもさ、この狂気の改造の上に成り立つ話しで...こんな大変な改造は2度とやりたくないね。

晴れてd4studioさんへ出荷と相成った。

|

2010年6月 6日 (日)

JAZZドラマー 平陸君

Riku最初に会ったのが中一の時で本当に小さかったが、会うたびに大きくなり170cmまでになった。

スガダイロー君とのインタープレイは相当に厳しいモノがあったが、本人の持てる力とjazzの即興性で見事に音楽した。

虐げられて苦しめられてその産物のjazzと、何不自由なく素直に育った文部省推薦のような陸君とに相当なギャップを感ずるが、この先の苦労困難がそれらを埋めてくれる事だろう。

ご両親にjazzならばバークリー音楽大学とはなっから話していたが、高校を卒業したらどうやら渡米を考えているようだ。jazzの本場もさる事ながらあの自由な米国には留学すべきで、後の人生に考え方に大いに役立つはずだ。

ロックから入ってjazzを学んでいるが、目指すは世界に通用するjazzドラマー、今後の活躍に注目!

|

2010年6月 3日 (木)

狂気の改造

16f11人プロジェクトxになってからは原資に乏しくcdプレーヤに十分な投資は出来なくなり、狂気を投資した。

比較はあくまでも自分のかつて使っていたd730+cello,r-dacでしかないが、狂気を投入したマランツcd-16fも結構やるもんだ。

1bitdacはノイズが...お構い無しにチップ部品が満載のdac7を盛り上がるほどの部品に変えてしまった。電源もアナログ出力アンプも見る影がないほど改造の手が入る。

16f3久しぶりに解体して我が狂気にたまげた!

訳あってレコード信奉者のd4studioさんに譲る事にしたが、2度とできないね。

訳とは、氏のスタジオへ訪問した際に”写真の仕事しながらレコード交換ではたまらんでしょう、cdを導入しなさい”とおせっかいをしたばっかりに責任を取る羽目となった。

|

2010年6月 2日 (水)

スガダイロー君JAZZコンサート その2

Suga2 前日の深夜までに及ぶアフターアワーズ宴会?の疲れも見せず、”謎めいたJAZZ喫茶AMP工房”へコーヒーとjazzで立ち寄ってくれた。

スガダイロー君のjazz好きは人後に落ちず、相当聞き込んでいて大抵のレコードはメンバーまで承知している。

Monk2セロニアス.モンクのbrailliant cornersでは、

ほら!みんな混乱している。
ほら!演奏せず踊りだしている。

少しくらいjazzが分かったつもりのあんぷおやじも参りました!プロのjazzピアニストはそのbrailliant cornersに参加しながら聴いてしまい演奏風景が見えるようだ。

まねる事は容易い、寸部違わず演奏できる、自分自身の編み出した演奏は指標が無くどう演奏したらよいか際限が分からず難しい...スガダイロー君の言葉。

最初から妙にウマが合うb型ピアニストは、孤高のjazzを目指して蔵から出てきた昔のボストンバックを片手に汽車に乗り込み、次の演奏地へと向かった。

|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »