« 狂気の改造 | トップページ | 狂気の改造 その2 »

2010年6月 6日 (日)

JAZZドラマー 平陸君

Riku最初に会ったのが中一の時で本当に小さかったが、会うたびに大きくなり170cmまでになった。

スガダイロー君とのインタープレイは相当に厳しいモノがあったが、本人の持てる力とjazzの即興性で見事に音楽した。

虐げられて苦しめられてその産物のjazzと、何不自由なく素直に育った文部省推薦のような陸君とに相当なギャップを感ずるが、この先の苦労困難がそれらを埋めてくれる事だろう。

ご両親にjazzならばバークリー音楽大学とはなっから話していたが、高校を卒業したらどうやら渡米を考えているようだ。jazzの本場もさる事ながらあの自由な米国には留学すべきで、後の人生に考え方に大いに役立つはずだ。

ロックから入ってjazzを学んでいるが、目指すは世界に通用するjazzドラマー、今後の活躍に注目!

|

« 狂気の改造 | トップページ | 狂気の改造 その2 »