« Technics SP-10物語 その2 | トップページ | TEAC TN-400 ターンテーブル その2 »

2010年6月26日 (土)

TEAC TN-400 ターンテーブル その1

4001律儀なbj44v190eさんがTEAC TN-400 ターンテーブルを速攻で送ってくれた。

早速特技の解体技術でバラすが、teacとは因縁浅からぬ仲?であり興味津々であります。

4002残念ながらモータそのものを分解するまでに至っていない。

ロータが抜けず借用品で無下に乱暴はできない。モータの構造については、その2で明らかにしよう。

4004早速逆起電圧の測定で驚きの結果が!

サイン波は美しく申し分ない。33rpmでなんと2.05vpp、テクニクスのsp-10と近似特性である。しかもモータが60スロット20極は完璧に同じ。

これはどうゆう事なのだろうか?コピーか?oemか?

4007続いて世界最速サーボアンプの同期運転法で試しにモータのみ回してみる、全く問題ない。

似て非なるモノがモータに関して言えば殆ど同じといえる。

|

« Technics SP-10物語 その2 | トップページ | TEAC TN-400 ターンテーブル その2 »