« 狂気の改造 了 | トップページ | マイクロ精機のヒステリシスシンクロナスモータ »

2010年6月14日 (月)

TTプロジェクト その1

Emtt2究極のターンテーブルプロジェクトは既にスタートしている。

アンプで実力を世に問うても認められるには結構苦労困難が伴い寿命が...レコードプレーヤは時代が終わってしまったかも知れないが、完成せずに終わった無念が残る。

そこで四半世紀を捧げたモータ制御、ターンテーブル制御の集大成で世に問いたい。

プロジェクトはちょっとした複合技術のシスティマティックで各部において右往左往の悩ましい設計が待っているが、迷いながら前進する事としよう。

モータのスロット数の検討に入るが、今の所denonのdp-80(24スロット)が一番滑らかでスロット数は多いほうが良い。現在設計を進めているφ300のモータは概略60スロット(テクニクスsp-10に同じ)で現実的な線となるが前例があり面白くない。

そこでスロットピッチ15mmで120スロットとすると、φ570mmで途方も無いサイズだが可能性を探ってみよう。

|

« 狂気の改造 了 | トップページ | マイクロ精機のヒステリシスシンクロナスモータ »