« Technics SP-10物語 その3 | トップページ | ヒステリシスシンクロナスモータを回す »

2010年7月 1日 (木)

アイルトン.セナ物語 その1

Senna4”多くの墓参人の1人なんだからジムクラークの時のような事は何事も起きなかった。”と以前の記事に書いてしまった。

迂闊だったスマン!アイルトン.セナさん。

Senna2”何事も起きてしまい”サンパウロのgtiさんから素晴しい贈り物が届いた。

墓参から14年の歳月が過ぎ、やはり墓参のお礼でアイルトン.セナの奇跡に違いない。

その分厚いメモリアルアルバム兼遺品の書籍には、我が目を疑うサーキットライセンスのコピーや知られざるセナの世界がちりばめられて、鳥肌だった。

ありがとうサンパウロのgtiさん、アイルトン.セナさん、この分厚い書籍を紐解きながら...

シマッタ!ポルトゲースはオブリガードしか分からない。

|

« Technics SP-10物語 その3 | トップページ | ヒステリシスシンクロナスモータを回す »