« EMT927のモータ | トップページ | タンノイ レキュタンギュラーヨーク その1 »

2010年7月 8日 (木)

システーナ礼拝堂

Sis22イタリア旅行へ行ってから1年が過ぎた。

旅行直後も今も全く変わらず衝撃が残るシステーナ礼拝堂。

丁度この画像のように頭上高くからに重く圧し掛かり、呼吸困難になるほどの空気と時間の密度が濃い。

ミケランジェロは1人プロジェクトxの偉大な先駆者で、この膨大な天井画を1人で描き上げた。4年の歳月を掛けて描きあげた時は老人のような容姿になったとされているが、長生きした。

理由は”私は画家ではない、彫刻家だ!”と強い創造力が命を牽引したに違いない。それでもしくじったバチカンは61歳になったミケランジェロに再度”最後の審判”を描かせた。

”あんぷおやじー今からでも遅くない、おやんなさいよ!”と同い年のミケランジェロから言われているような気がする...

|

« EMT927のモータ | トップページ | タンノイ レキュタンギュラーヨーク その1 »