« Technics Sp-10駆動波形の謎 | トップページ | 帰ってきたGypsy’66 »

2010年7月28日 (水)

イタリア紀行 番外編 天空のシエナ大聖堂

Siena油絵画家のはしっくれはイタリアの風景にシビレた!

観光コース入り口付近からの撮影で突然天空の大聖堂が見えてたまげた。

赤レンガの密集した建物群にポッカリ浮かぶシエナ大聖堂は、想像を遥かに超えた風景力で衝撃的だった。

さてと、このレストラン前の空き地に腰を降ろしキャンバスを立ててスーパーリアリズム風景画を描くとなると、最低でも2ヶ月は必要になるか。もう少し先になったら真剣に考えよう...

実際には数十号のキャンバスに”謎めいたJAZZ喫茶AMP工房”でデッサンと下書きを細密レベルで描き上げ、その下絵をシエナに持ち込んで風景力を授かりながら超現実空間に仕上げる作戦を取る。それでも2ヶ月は優に掛かる。

|

« Technics Sp-10駆動波形の謎 | トップページ | 帰ってきたGypsy’66 »