« 青木弘武さん、大坂昌彦さんJAZZコンサート その1 | トップページ | Monk/ Straight, No Chaser »

2010年7月12日 (月)

電源

Ph_2雨が降るとビリビリと髪の毛が引っ張られる。高度経済成長期5000kvaでは容量不足で、オイルクーラーに大型のファンをつけて定格を6000kvaにパワーアップした。

4基でしめて24000kva也。電気主任技術者は変電所の運営が本職である。

特別高圧、通称”特高”は77000vで扱いには神経をすり減らしていた。

バッテリーなどの化学反応と違い、ほとばしり抑えきれない水のエネルギーとか火とか原子の力は強大で、そのエネルギーと蜜結合すると見事なほど音に力がつく。

その結合部品で重要なモノが電解コンデンサでここの選択が運命を支配する。フィリップスの工業用グレードは音楽駆動力が増して常用している。ニチコンやニッケミも本職のサーボアンプ用に使うハイリップルタイプが力感があって、これもまた良い。

このあたりは音作りの思想の現れるところで実に面白い。

|

« 青木弘武さん、大坂昌彦さんJAZZコンサート その1 | トップページ | Monk/ Straight, No Chaser »