« Technics SP-10を測定する その2 | トップページ | Mark Levinson JC2 »

2010年8月28日 (土)

水晶とデジタル

Xtal世界は水晶に支配されていると前に言ったが、残念ながらオーディオも水晶に支配されている。

オーディオ製品はデジタル化が進み、オーディオコントロールの中心にはcpuやdspが居座る。アナログエンジニア不遇の時代の到来で、老兵は去るのみか...

cpuやdspの登場で俄然元気が水晶振動子(発振子)である。1度叩かれたら忠実に同じ作業を正確無比にこなして、昔の日本の生産現場みたいなヤツだ。

cdもターンテーブルも水晶のクロックでデジタル的正確無比に動くはず...だった。

所がモータはすみからすみまでアナログで、そうは問屋が降ろさなかった。それでも某メーカは無謀にもデジタルモータ(パルスモータ)を使って解決しようと試みたが...あの独特のバグパイプサウンドには参る。

老兵よ早まるな、まだ々活躍の場はあるさ!

|

« Technics SP-10を測定する その2 | トップページ | Mark Levinson JC2 »