« frd(ファーストリカバリーダイオード) | トップページ | Kansas City Suite »

2010年9月12日 (日)

Cardas Golden Reference その2

CardasまたしてもCardas Golden Referenceに教えられた。

Cardas Golden Referenceはベースなどが膨らみぎみでjazzには不向き、パイプオルガンなどは圧倒的な表現力でクラッシックに向いている...などと感じていた。

常用ケーブルはCardas Cross(画像の青いケーブル)でjazzには相性が良くてうまく鳴る。

アンプの改良が大幅に進んだ今、ベースが膨らむどころかしっかり締まりjazzに素晴らしく相性が良い。Cardas のフラグシップケーブルGolden Referenceは簡単には素性を明らかにしない。こっちの努力に仕方なしに本性を表すようだ。

Cardas Crossのように直ぐに鳴ってくれるケーブルは入門編だった...

|

« frd(ファーストリカバリーダイオード) | トップページ | Kansas City Suite »