« イタリア紀行 番外編 ウフィッイ美術館 | トップページ | Technics SL-1200 その2 »

2010年9月25日 (土)

ギブソン J160E

J160e2エレキといえばエレキテルで平賀源内?そのエレキではないエレキギターを持ったら不良といわれた1960年代。

それから40年が過ぎても未だにエレキを持っている。さすがに不良とは時代も文部省も言わなくなった。

しかし持ってはいるが一向に弾けない。40の手習い、50の手習い、果ては60の手習いか、やっては見るが1週間ともたない、スチール弦は手が切れる。

映画beckの主役はギブソンのレスポールだが、あんぷおやじの主役はj160eである。フェンダーのストラトキャスターみたいなのが本当のエレキで、j160eはフォークギターにピックアップをつけただけでアコースティックギターそのもの。

jazzギターの名手平岡雄一郎君に”ギターは弾いてこそ音色が育つ”と言われて大いに納得したが...

|

« イタリア紀行 番外編 ウフィッイ美術館 | トップページ | Technics SL-1200 その2 »