« Technics SL-1200 その3 | トップページ | アイルトン・セナ 音速の彼方へ »

2010年9月30日 (木)

今レコードが面白い!

Lp2振動対策やイコライザの改良で見違えるほどレコードが良くなった。

そんなのあたり前と言われてしまうが、レコードの回転ムラやカートリッジの不安定さが音のしっかり感をそこね気になり、cdの音は薄いが絶対的安心感で常用する。

本質的な理由はモータの回転速度でレコードの場合は33回転から45回転、cdの場合は500回転以上の可変、モータを高精度に回した事のある人なら直ぐに分かるが高回転はワウフラが全く少なく回転制御が実に楽だ。

簡単に出来る防振対策とイコライザのコンデンサ交換、電源周りの強化、これだけで随分レコードの不安定さが消えて、レコードが面白くなってきた。

|

« Technics SL-1200 その3 | トップページ | アイルトン・セナ 音速の彼方へ »