« EMT927 モータ顛末 | トップページ | EMT927 その3 »

2010年10月31日 (日)

EMT927 モータ顛末 その2

Emt927m暫くemt927モータ話でスマン!

なんせモータとなると血が騒ぎ夢中になる悪い癖デス。それにemt927はターンテーブル中キングで興味が倍加する。

36rpm所がemt927モータ駆動に重大な問題を発見してemt927モータの身分が急落した。

ショックな事態だが、そこでへこたれないのがあんぷおやじで更にモータのテストを続けた。

Tst1簡単な計算式:Z=R+jωLに当てはめ、先に測定した300mhと78オームを代入する。
1800rpmでは137Ω。
これを33rpmにすると78Ω。

回転数が高いうちはインダクタンス成分の影響も大きいが、33回転のように低くなると抵抗成分のみ考えればよい。

そこで33回転の実験をした。周波数シンセサイーザーの精密化を行っていないので簡単に36rpmを出して回した。

何ら問題なく回りしかもインダクタンスの影響がないため電源電圧は大幅にダウンできる。

36rpm2駆動電圧のピークは31v、等価直流機抵抗は1/2となるので31v/(78/2)=0.79a...計算値。

実測0.7aでロスや誤差を入れるとほぼ計算通りの電流が流れた。

滑らかとは言えないがトルクは十分に出て使える!

33回転のddダイレクトドライブは無理にしても、400回転程度から実用範囲に入るのでプーリー径が太くできる。3相駆動と相まってモータ音は皆無になる。このスタイルで24極を作ればddダイレクトドライブが完璧に出来るのだが。

結論:emt927のリラクタンスシンクロナスモータは素晴らしいモータで、駆動方法の問題であった。これにて身分は最高位に回復した。

|

« EMT927 モータ顛末 | トップページ | EMT927 その3 »