« クラングフィルム オイロダインシステム EMT927 | トップページ | EMT927 モータ顛末 »

2010年10月29日 (金)

EMT927 その2

Emt1千載一遇のチャンスでチューニング&修理しながらemt927を徹底分析しよう。

原因はまだ分からないがとにかくモータが起動できない。荒業で起動をかけとりあえず音を聴くが、凄い!のひと言。

何度か聴いてはいるがamp工房の環境は初めてで改めてemt927の実力を知る。音楽の品格が違う...

Emt3感心ばかりしていられない、早速分解前のデータどりを行う。

カートリッジは常用のtsd-15を使い、sp10からlinn,lp12までの一連の測定と同じ条件でワウフラを測った。

Emt2ワウフラデータを見て音の凄さがピンときた。音楽の腰が据わるのはこれだ!

どのターンテーブルよりも安定度が高い。ワウフラは0.05%から0.06%で格別良い訳ではないが、ふらつがこの範囲ではみ出る事が無い。

周波数精度も一番良くてddターンテーブルのワウフラ0.025%などとゆう数値は一体何だったのだろうか。

|

« クラングフィルム オイロダインシステム EMT927 | トップページ | EMT927 モータ顛末 »