« ジーメンス オイロダインシステム プリアンプ | トップページ | EMT927 回路図 »

2010年11月16日 (火)

EMT927 アイドラードライブ

92718歳の時駿府公園前の岩崎ラジオでcecのアイドラーターンテーブルを購入した。

当時はキャビネットタイプの高級ステレオもアイドラードライブが主で、アイドラーの問題はゴムの変形によるゴロだった。

40年が過ぎてemt927は凄いぜ!では技術革新もへったくりもなくて今まで何をしていた!となってしまう。

途中プロセスは様々でベルト時代はベルトに糸に明け暮れた。結局ベルトや糸は音のエッジが立たなくて(これを好きな人も多い)ddドライブに移ってしまった。

このddドライブは一見音のエッジは立つが音が汚くなり易い。モータ制御の問題や振動や磁石の問題がクローズアップされた。プロになってからはddドライブターンテーブルの開発に明け暮れ、磁石のいやらしさに参った!

そこでベルトに戻るがやはり音のエッジが立たない。
とゆう訳で40年経ってemt927のアイドラードライブに戻り、どうやらオーディオとは堂々巡りが真理である。

最後の勝負がモータの開発とddドライブの復権であり、理想モータと理想サーボアンプでターンテーブル真の姿を世に問いたい。

|

« ジーメンス オイロダインシステム プリアンプ | トップページ | EMT927 回路図 »