« エネルギー効率向上元年 その2 オーディオ編 | トップページ | 最後の晩餐 »

2011年1月 8日 (土)

エネルギー効率向上元年 その3 電力編

Dcps019世紀末、直流頭脳エジソンは交流頭脳テスラにやられた。

よって電力伝送はエジソンの提唱した直流伝送ではなく、テスラの提唱した交流伝送となって近代社会を支えた。

あんぷおやじは数学に弱いがエジソンも数学に弱く複雑な交流ベクトル計算が出来なかったので直流だったのか?

さて現代は磁石付きブラシレスdcモータやled(発光ダイオード)やパソコン&携帯電話が主流の時代となり電源は直流となってしまった。増してや太陽電池は救世主みたいな登場となるが、発電は直流である。

頭脳明晰な貴方!もうお分かりですね、時代はひと回りして直流頭脳エジソン時代になってしまったのだ。しかしながら交流頭脳テスラの時代が長かったため、どっこい簡単には切り替わらない。

この先高効率を旗頭に時代は大きく動いていくことに違いない。

あんぷおやじら知ったかぶり電子技術者は、変圧器の難しい理論は見て見ぬ振りで済ませてきたが、直流頭脳エジソン時代になれば電源変圧器が無くなり一安心?

残念ながらそうは問屋が...今度はdc-dcコンバータ(直流-直流変換)でスイッチングトランスやコンバータチョークの難しい理論に悩まされる。

|

« エネルギー効率向上元年 その2 オーディオ編 | トップページ | 最後の晩餐 »