« 真空管とトランジスター | トップページ | ヴィンテージオーディオ修理完了 »

2011年3月29日 (火)

シュテーデル美術館のフェルメール

Stadelx1996年4月、フランクフルト事務所の秘書が”どこか行きたい所はありませんか?”と言い、即座に美術館と答えた。

そこがシュテーデル美術館で実に幸運だった。料金を払っての写真撮影が可能で大作や有名な作品を中心に撮った。

赤丸がヨハネス・フェルメールの地理学者 (Geograf) 1669年、53cm x 46.6cmm 油彩( シュテーデル美術館蔵)で、現在Bunkamuraザ・ミュージアムフェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展が開催中で日本に来ている。

Geox作品が小さくたいして印象にも残らなかったあんぷおやじの審美眼はたいした事は無い。

フェルメールの作品を観にオランダアムステルダム美術館に行こう!と将来の予定を立てていたが、アムステルダムのフェルメールは少なく、世界の美術館に点在で全部観て周るにはチト厳しい。

|

« 真空管とトランジスター | トップページ | ヴィンテージオーディオ修理完了 »