« イタリア絵画紀行 その9 ダ・ヴィンチのパトロン | トップページ | 伊藤喜多男先生のRA1501-Aプリアンプ修理 その1 »

2011年3月23日 (水)

伊藤喜多男先生のWE300Bアンプ修理

300b3オーディオ先輩のs山さんに”温かくなる前までには修理を完了します!”と約束した手前、重ーい腰を上げた。

修理すると色んな事が分かり、we274bがソケットの取り付けネジのナベ頭にあたり差込が不十分とか、ヒューズホルダがチャチで割れがとか...

1台は順調に修理が完了して連続14wの出力でエージングするが問題ない。

300b22台目に大きな問題が出た。真空管を全部抜いても電源ヒューズが溶断する。

画像左上の電源トランス400vセンタータップの片割れがレアショートしている。推測するに400vの高電圧と負荷のバランスで温度上昇が大きく時間と共に絶縁が劣化して破壊した。

さてトランス交換だが、usa製のトランスを探している余裕が無いのでユニオン電機のbts規格品を発注した。本意ではないが致し方ない。

|

« イタリア絵画紀行 その9 ダ・ヴィンチのパトロン | トップページ | 伊藤喜多男先生のRA1501-Aプリアンプ修理 その1 »