« 振動対策 | トップページ | Bill Evans,The Complete Live At The Village Vangurd 1961 »

2011年3月 2日 (水)

電源の重要性 その4

Dcps ”ショットキーバリアダイオードの音が良い”とゆうことでオーディオの定番くらいに普及したが、あんぷおやじ流儀はファーストリカバリーダイオードで、これしか使わない。

なぜ?と言われても”Bill Evans,The Complete Live At The Village Vangurd 1961”の気配感が凄くて決めた。

高効率電源の設計をやっているとダイオードを使っている限りはロスが多すぎて高効率は難しい。とゆう事はsbdやfrdにしても音を邪魔しているに違いない。

そこでパワー半導体業界の黒船インフィニオンテクノロジーズ...(メーカが言っているのだから間違いない。自動車用のpower mosfetは”International Rectifier”と”Infineon Technologies”が主導権争いをしていて日の丸はどうなっている?)のパワーmosfet,オン抵抗が3mΩを使い同期整流すればロスは大幅に減って、その音を聴いてみたい!

ex sbd 0.4vx10a=4wのロス、mofet10x10x3mΩ=0.3w
変換効率を95%なんかに設定したらダイオードは使えない。

|

« 振動対策 | トップページ | Bill Evans,The Complete Live At The Village Vangurd 1961 »