« イタリア絵画紀行 その10 ベネチア本島に泊まる | トップページ | イタリア絵画紀行 その11 サンマルコ寺院 »

2011年3月25日 (金)

伊藤喜多男先生のWE300Bアンプ修理 その2

300bamp修理やメンテナンスには一種独特の感覚や経験が必要デス。

h社での配属は今取りざたされている電力管理業務だったが、業務は広範に及び製造ラインの修理復旧も舞い込み鍛えられた。

お陰で修理に対する感は備わったようだ。

300b0伊藤喜多男先生のWE300Bパワーアンプは音響道中膝栗毛に回路図が載っており、特段困る事も無く順調に修理できた。

しかし25年も前のアンプが問題なく修理できるのはベテランあんぷおやじの腕前ではなく、伊藤喜多男先生がそのように作ったからでしょう...

|

« イタリア絵画紀行 その10 ベネチア本島に泊まる | トップページ | イタリア絵画紀行 その11 サンマルコ寺院 »