« デザインの重要性と難しさ | トップページ | レコードプレーヤのモータ »

2011年4月25日 (月)

アイドラードライブ

927_2emt927やガラードはアイドラードライブである。

なんだい、今頃古い!と言われてしまうが、音が良いのだから仕方が無い。但し問題はモータの振動とゴロ音で実に頭が痛い。

これを逃げたのがベルト駆動で開発者側としたら楽である。

サーボ剛性の順番では、ddダイレクト駆動、アイドラ駆動、ベルト駆動になりddダイレクト駆動はモータその物が音になりモータの開発は困難を極める。

この期に及んで困難なddダイレクト駆動レコードプレーヤの開発に寝食忘れているpieta audioチームのメンバーは、全員が還暦過ぎでやはり化石族としか言いようが無い。

少しずつだがac40極モータの開発は前進している...

おまけ:多忙を極めた中でのブログ更新はきついモノがある。せっかく書いた記事がアップした瞬間に”サーバ接続エラーです!”と出てパーになることしばしば、やっきりするがバグでは仕方が無い。日本人は特にソフトのバグには寛容である。

|

« デザインの重要性と難しさ | トップページ | レコードプレーヤのモータ »