« 姿を消したCardas Golden Reference | トップページ | イタリア絵画紀行 その26 ナポリの小冒険 »

2011年4月29日 (金)

イタリア絵画紀行 その25 天空の音楽村ラベッロ

Ravello10 ワーグナーが愛したラベッロはアマルフィから南下し、更に海抜が一気に上がり正に天空の村と言える。

Ravello20 ラベッロ教会へ向かう途中にトンネルがあり、ラベッロ音楽祭のポスターがトンネル中に張ってあった。

Ravello30 このポスターがおったまげるほど秀逸で思わず写真を撮りまくる。

Ravello40 ポスターを写真に撮るとか、写真を写真に撮るとかはあんぷおやじ流儀でよくやる。

Ravello50 トンネルの両サイドに張られていて行きと帰りに撮影した。

Ravello60 音楽芸術祭となると顔を出すのがハービーハンコックで、2009年のベルーナjazz祭でも名前を見かけた。

Ravello70 どうもマルクシャガールのイメージを参考にしたと思えるのだが...

Ravello80 隊列を乱し夢中でポスターを撮りまくっているあんぷおやじの行動の重大性に気付いたか、旅仲間の何人かがポスターを撮りはじめた。

Ravello90 なんだい、ひなびた教会じゃあないか!と思っていた天空の音楽村は、にわかに重みを増しあんぷおやじに迫ってきたのだった。

|

« 姿を消したCardas Golden Reference | トップページ | イタリア絵画紀行 その26 ナポリの小冒険 »