« イタリア絵画紀行 その15 フィレンツェ | トップページ | イタリア絵画紀行 その16 フィレンツェ その2 »

2011年4月 7日 (木)

高橋知己&小山太郎JAZZコンサート

Tarou4月3日、マーカムホールjazzコンサートの目玉であったエズラブラウンがドタキャンで、プロデューサーの森さんが頭を抱え込んでいた。

トラで高橋知己さんの登場となり、エルビンとプレイしていた事実で”いける!”と決めた。還暦過ぎほぼ同級生の上手いテナーは百戦錬磨で決してオーバーブローさせないが、キッチリと仕事をこなしていた。

ドラムの小山太郎さんを聴くのは初めてだが、上手い!尚且つドラムの音空間が大きく流石と感心した。

ピアニストの紅野智彦さんも良いピアノで、我お店で暫しピアノ談義をした。ギターの森下正弘さんはシングルトーンにオクターブ奏法を巧みに操り卒が無い。ベースの本山二郎さんとは一昨年の忘年会以来で、久しぶりにブルンブルンベースを楽しんだ。

実に通好みのjazzで、目をつむりながら上質のjazzアンサンブルに暫し時を忘れた。

|

« イタリア絵画紀行 その15 フィレンツェ | トップページ | イタリア絵画紀行 その16 フィレンツェ その2 »