« イタリア絵画紀行 その21 アマルフィ その3 | トップページ | アイドラードライブ »

2011年4月23日 (土)

イタリア絵画紀行 その22 アマルフィ 了

Amal10アマルフィの街中は細い階段と迷路で体力は使うし迷うし、実に面白い。

しかし生活するには我ら還暦過ぎにはチト苦しいね。

絵になる風景が至るところにあり、やはりここも長逗留して描きたい場所である。

Amal50_2 あっ!この教会を暗示するプレートは映画”アマルフィ”に出てきた。

しかし歩けども教会は出てこなかった。

Amal20路地から路地、階段から階段、隅々まで見て歩きで探索したが、映画”アマルフィ”の撮影場所の多くがここでは無いことを理解した。

メインストリートへ戻ると旅でご一緒した信州の夫婦がジェラード屋さんの前に陣取っていたので合流する。

Amal31 流暢なイタリア語で
”Gerard tre per favore(ジェラードを3個下さい)”と言う。
すかさず”大きいの小さいの?コーンかカップ?”と返事があり、なんだい日本語ができるじゃあないか!

Amal41 最後はアマルフィ海岸のカフェで世界一美しい町を眺めて別れを惜しんだ。

|

« イタリア絵画紀行 その21 アマルフィ その3 | トップページ | アイドラードライブ »