« JAZZとオーディオ | トップページ | レコードプレーヤ用モータ その7 »

2011年5月11日 (水)

レコードプレーヤモータの駆動電流

Linlp121ベイシーで有名になったリンlp12のモータ駆動電圧波形である。

(主巻き駆動電圧及び分巻き駆動電圧)

サイン波発生手法が原因で駆動電圧波形が歪んでいるフシがある。

レコードプレーヤモータの電流の限りなく美しいサイン波駆動はあんぷおやじの流儀で一番拘る所。電源がサイン波でなくなった現在、マイクロコンピュータを使ってサインテーブルによる電圧データを16bitのdaコンバータを通じて出力するしか方法が無い。

更にはシンクロナスモータでもエディカレントモータでも、モータの巻き線を工夫して楽に美しいサイン波が出せるようにする。

Ampsm1こちらが最新のシンクロナスモータの駆動電圧と駆動電流の波形だが、電流帰還を掛けずにこの美しさで、してやったりデス。

(黄:駆動電圧、青:駆動電流)

|

« JAZZとオーディオ | トップページ | レコードプレーヤ用モータ その7 »