« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

ユタ州オーディオ奮戦記 その5

Solt1xソルトレイクは読んで字の如く塩の湖がある。そして冬季オリンピックが行われるほどだから山には残雪が見える。

気温は結構暑いが乾燥しているので蒸し暑さは無い。

A1x o商事とf評論家の強力な後押しでサウンドラボのコンデンサスピーカが一世を風靡し、妙なる音を撒き散らした。

最近は殆ど聞かなくなり”流行モノ”だった。

流行モノで片付けられないのがあんぷおやじ等サウンドラボA1大型コンデンサスピーカのオーナーで、
髪の毛が引っ張られる!
夜な夜なジージー音がする!
時々パチッと音がする!
など殆ど怪奇現象だった。
挙句現在は大型ゴミ的存在である...

saund lab社もソルトレイク近郊にあり電話で所在を確認した。実はこの当時まだA1に未練があり、ノウハウを教わり自力再生を目指したのだった。

|

2011年6月29日 (水)

レコードプレーヤ用モータの音を良くする

Rtm1xベルトドライブはモータとプラッターが非剛性のベルトで疎結合されて、モータの特性は余り影響がないように思うがこれがモロに音に出てしまい、重要性に気付かされる。

pieta audioで進行中の40極にもなれば基本回転数が33/45rpmで軸受けはメタルと鋼球で良いがベルトの場合4極程度となるため(8や16極は存在しないしあってもクローポール)軸受けがベアリングで良くない。寿命を気にしなければメタルに変えるべきでしょう。

Rtm2xモータ電流は少ないほうが良い。シンクロナスモータで誘導型とは言えどもモータ全体(ベアリングも含む)がオーディオ用に作られていない為、滑らかさに欠ける。同期トルクギリギリの電流として言わばゲインは最低とする。

ちなみに某モータメーカにこちらの要求(オーディオ用モータ仕様)を提出したら、1ロット1万台以上一括買い上げと言われてやっきりした。

オーディオ用モータの開発を手がける数少ないメーカが我pieta audioである。

|

イタリア絵画紀行 その51 ラファエロ絶筆

Raffxサンピエトロ大聖堂は美の宝庫であるが、とりわけ注視しているのがラファエロ絶筆の”キリストの変容 4.05mx2.78m 油彩”である。

あるべきところに無い!...いや実はこの絵の周りが修復工事中でシートが被さり気が付かなかった。探すのに手間取り時間が無くなりギリギリで写真を撮ったが、この程度だった。

ルネッサンスの巨匠の中でどちらかと言うと女性的で優しい絵が多い、しかしその描写力は凄まじくこの時代にあってリアリティでは抜きん出ていたと思う。

|

2011年6月28日 (火)

ユタ州オーディオ奮戦記 その4

Utaxこの日はユタ大の訪問日だった。

アメリカコンピュータ界に多くのテクノロジー哲学者(エンジニアなどとは呼べない)を輩出しているユタ大で、看板にそれが示されていた。

sound streamの名前も見えるしオーディオ関連も結構いける?期待で胸が高鳴った。

こちらの提案は飛行機内の騒音除去ヘッドフォンで現在でこそボーズや他で出しているが、当時としたら画期的なアイディアのはずだった。

しかし何でもありの最先端のアメリカで軍需用か?既に存在していて研究対象としたら余り興味を示さなかった。

ヘッドフォンはコンデンサタイプで作り機内の騒音音圧でそのフィルムが駆動され発電し、その音を拾い超高速dspで逆位相特性を演算して打ち消す...熱弁が空を切った。

|

2011年6月26日 (日)

イタリア絵画紀行 その50 ピエタ像

Pietax今度こそはと写真撮影準備万端整えたが、又しても返り討ちに会いしくじった。

写真撮影:あんぷおやじ

ヴァチカン、サンピエトロ大聖堂のミケランジェロ作ピエタ像に”まだ修行が足らん、大いに人間を勉強して出直して来なさい”と言われてしまった。

ようがす、何度でも何度でも行きやしょう...と決意を新たにした。

ピエタ像はミケランジェロ25歳の作品で、若干25歳の若者に人生の何たるかが分かるか!と年寄りはゆうが、人間は年輪ではないコトがピエタ像から淀みなく伝わってくる。

本イタリア絵画紀行の最大の目的ピエタ像をつぶさに観察したが、
果たして見えたか?見えなかったか?

また行きます...

|

2011年6月24日 (金)

イタリア絵画紀行 その49 システィーナ礼拝堂2

Sistinaxコンクラーベ(ローマ法王選出選挙)が行われ、礼拝堂と読んで字の如く神聖な場所である。

そこへファッションが良いのかね?と思える異教徒達が大挙して押しかけるわけだから、ありがたいと同時にローマカトリックも随分開けたモノだと思う。

Sistinaxx最後の審判の右下の青丸位置が上画像の入り口になる。

最後の審判は中に入って背後に巨大な壁画が迫って、腰を抜かす。

またお会いします!と言い残し、人間1人は小さいが世界を揺り動かす偉大な力をも持っている、コトを思い知らされてシスティーナ礼拝堂を後にした。

|

2011年6月23日 (木)

イタリア絵画紀行 その48 システィーナ礼拝堂

Sisx今回は写真撮影はできないと最初から諦めていた。

しかし入り口くらいは写してやろうと決めて、カメラを構えて入場した。

この画像が観光客が次々と入って行くシスティーナ礼拝堂の入り口で、ミケランジェロが精根尽き果てて描いた天井画が天空に見える。

Sisxxいつの時代も権力者は”できる者”に才能の消耗を要求し、才能あるモノは歴史の名声と引き換えに命を削った。

凄まじい天井画で腰を抜かすが、伝わってくる悲しみとか憂いはミケランジェロの隠されたメッセージと理解して、茫然自失でシスティーナ礼拝堂の中央に立ち尽くすのであった...

|

2011年6月22日 (水)

銀,銅,金,アルミ

Peruginoxシスティーナ礼拝堂のペルジーノ (Perugino)作”聖ペテロへの天国の鍵の授与”3.35mx5.4m、フレスコ画。

システィーナ礼拝堂は美の宝庫でミケランジェロにやられてしまうが、ラファエロやペルジーノなど凄い作品が側壁に描かれている。

聖ペテロへの天国の鍵の授与は、天国の鍵は金の鍵で地獄の鍵は銀の鍵としている。

あ!その話ではない。

銀,銅,金,アルミの順番で抵抗率や熱伝導では銀が一番優れている。アルミは重量の関係で特別高圧の送電線や、もしかしたらプリウスなどの車用モータ巻き線に使われる?からオーディオには似合わない。

すると銀,銅,金,の3択で先ず銅は金に同じと書くので合格、残りは金となり銀は使わない。エレキ楽器やシンセサイザーなどロック系は実に美しい銀だが、jazzではベースの胴鳴りが消えたりシンバルが薄味になり合わない...当社比の我田引水でスマン。

|

2011年6月20日 (月)

イタリア絵画紀行 その47 ヴァチカン署名の間

Raff1xユーミンそっくりさんで美術史専攻のガイドさんのお陰で、本来阪急交通社のコースに入っていない、ラファエロの署名の間の見学が実現した。

システーナ礼拝堂の観光客制限で待ち時間が出来たらしい。思わぬチャンスに軽い興奮を覚える。

アテネの学堂、 (ラファエロ・サンティ Raffaello Santi)1509年~1510年、8.14mx5.77m、フレスコ画。

情けないのが写真撮影技術でこの程度しか撮影できなかった。余りの感動に絵の前に置かれた椅子に靴を脱ぎ登り高い位置からも撮影した。それを見ていた白人の上品そうななおばあさんのあきれ顔が目の隅に写るが、もう止まらない。

Raff2xこの絵には様々なイタリアルネッサンス期の巨匠が登場して、これはミケランジェロがモデルのヘラクレイトスとゆう事でした。

凄い作品でこれも何度も見てみたい、と思うと同時にフレスコ画の淡白さに少々残念な気がする。もしこれが油彩ならば、もっと凄い事になっていたと思う。

|

2011年6月18日 (土)

ユタ州オーディオ奮戦記 その2

Utax行動の原点と人生は実に”妙”である。

ある人物は恐怖心が行動の原点であり、ある人物は夢とロマンが行動の原点だった。

ニューヨーク、ジョンFケネディ国際空港からAAAの国内線に乗り換へ、ソルトレイクへ向かう。

まだアメリカに淡い夢を抱いていた時代で、まさに夢とロマンで乾いたユタの大地に降り立った。空港で借りたレンタカーにはボブ.マーリーのcdが置き忘れてあり、レゲエに身を委ねながらすっかりアメリカンドリームになりきって西部劇の荒野を疾走した。

Utaxxxxxx名刺のLLCとは日本でゆうなれば有限会社で、市役所へ出向き資本金を支払い”sound tec llc”を登記した。

晴れてユタ州にあんぷおやじオーディオカンパニーができたのだった。

|

2011年6月17日 (金)

イタリア絵画紀行 その46 ヴァチカンの回廊 2

Vacixxヴァチカン美術館、美の回廊は勿論写真撮影できる。

思い出したのがウフィツイ美術館の回廊でこっそり写真撮影してしまい、注意された。

美術品の保護の為は良く分かるが、デジカメのcanonさん!是非美術保護カメラの開発をして欲しい。

それを世界中の美術館に認定してもらい、何時でも何処でも撮影できたらどんなにありがたいか...

ヴァチカン美術館、美の回廊はローマカトリックの重々しさから開放された伸びやかな絵画で、ほっとした。

|

2011年6月15日 (水)

イタリア絵画紀行 その45 ヴァチカンの回廊 1

Vaci1xヴァチカン美術館の回廊には大理石で作られた絵が描かれていた。

Vaci2xこれだけ多くの色の大理石など見る事は無く、たまげてしまった。

実に美しい!

Vaci3x

Vaci4x

|

2011年6月14日 (火)

イタリア絵画紀行 その44 アルナルド・ポモドーロ

Pomoxxヴァチカンが凄いのは、イタリアルネッサンス美の殿堂に現代彫刻があることである。

アルナルド・ポモドーロの”球のある球体”がヴァチカンの”ピーニャの中庭”に鎮座している。その球体に込められた強烈なメッセージは、即座に世界終末時計が思い出されて胸苦しく、ヴァチカンの中庭にはそぐわない感じがした...昨年1月の記事より。

2月26日から3月6日までイタリア絵画紀行、3月10日から13日までが台湾ビジネストリップ、そして3月11日の大震災。

このポモドーロの存在意義が重く圧し掛かる今、である。

|

ラスメニーナス

Rasx1996年2月、家族全員でスペイン旅行を企て憧れのプラド美術館を訪れた。

当時はアナログカメラの時代でフィルムを気にしながら写真撮影するため、現在のように1旅行で5000枚ものデジカメ写真を写す時代とは大違いで写真が少ない。

ディエゴ.ベラスケスのラスメニーナスの写真も10枚ほど写したが、この1枚のみピントが合い他は全滅であった。

しかし見た事実は偉大で、写真では見えない本物の空気を知った。

|

2011年6月13日 (月)

イタリア絵画紀行 その43 システーナ礼拝堂

Mic1xバチカンの中庭にはシステーナ礼拝堂の解説看板が何箇所もあり、そこで各国観光客がガイドさんの説明を聞いてからシステーナ礼拝堂へ突入する段取りとなる

この解説看板が天井画。

Mic2x我ら阪急交通社チームはユーミンに似たガイドのhさんから、システーナ礼拝堂の天井画と最後の審判の解説があった。

この解説看板はミケランジェロより前の時代に描かれた作品。

Mic3x今回システーナ礼拝堂の画像はこれら看板画像だけであった。

これが最後の審判。

|

2011年6月11日 (土)

レコードプレーヤモータの電流ファイナル

Sinxレコードプレーヤ用リラクタンスシンクロナスモータの最後のサーボ調整作業に入った。

出来るだけ流す電流を減らしモータが潜在的に持っている振動を極力減らした。

結果的にモータの振動は減り美しいサイン波の電圧と電流になり、これで自信を持って出荷できる。

2uv参考までにemt927の電圧波形を添付するが、ac電源でモータを回すとこのように歪んだ電圧波形になってしまう。

レコードの音がオリジナル盤に適わないのは、昔はインバータなど無く電源が綺麗なサイン波だったからか?

時代は本当に進化したのかね...

|

2011年6月10日 (金)

イタリア絵画紀行 その42 ヴァチカン2

Yumi1システーナ礼拝堂の天井画と最後の審判を観るにあたり、美術史研究家で女優のガイドさんから熱のこもった解説があった。

Yumi2詳しい訳だ、ガイドさんはミケランジェロに関しても相当に勉強しているようで、にわか勉強で付け焼刃のあんぷおやじとだいぶ違う。

今回奇跡はまず起こり得えないと判断して、システーナ礼拝堂の天井画と最後の審判の写真撮影はこの段階で断念した。

|

2011年6月 9日 (木)

イタリア絵画紀行 その41 ヴァチカン1

Roma1ヴァチカンの城壁に沿って歩きながら武者震いを抑えられなかった。

このイタリアルネッサンス期からバロック期の美の殿堂は高い城壁に守られて、孤高を現在も未来へも伝えている。

Vatic1画像左手の如く一般入場者は長蛇の列で入場までに結構時間が掛かる。

阪急交通社団体観光ツアーはこうゆう所が有利で、全く待たずに入場できたのであった。

|

2011年6月 7日 (火)

オーディオ輪廻転生

Altec_a2x先日某オーディオメーカを訪問する機会があった。

試聴用のスピーカは現代最先端のスピーカで、低能率高情報量タイプのモノでいかにも駆動が大変そうである。

スピーカの基準がそれだからアンプのパワーは際限なく大きくなり、結果としてアンプの開発は随分と難しくなる。

お好きにどうぞだが、高情報量も捨てて高能率スピーカを開発して(出来なければ過去の遺物で...)エネルギー効率向上で5wや10wのパワーアンプを開発して、十分に音楽駆動できるアンプになればViola Bravo 4Boxの1000万円近いアンプも必要なくなり、パワーアンプが1000万円もしなくなればcdもプリも安くてもバランスがとれる。

結果貧乏人オーディオには福音となる。

それじゃあオーディオはビジネスにならない!

その気持ちも分かるが、どうせハイエンドオーディオは時代背景で売れないのだから、今こそ”買える”価格帯で音楽駆動するオーディオ機器開発が求められているのではないだろうか。

|

2011年6月 6日 (月)

イタリア絵画紀行 その40 サンピエトロ大聖堂

Peterox_2マルチン.ルターの宗教改革などでゆらぐローマカトリックの威厳、権威の維持で、ミケランジェロはサンピエトロ大聖堂の設計を依頼される。

ダヴィンチもそうだがイタリアルネッサンスの巨匠は芸術分野だけに限らず、科学技術にも天才振りを発揮した。

宗教論は別にしてもこのような時代背景は後世の我々には福音で、大投資をしなければならない宗教芸術の数々がローマにはある。

|

2011年6月 5日 (日)

イタリア絵画紀行 その39 ローマ1

Roma3xヴァチカンへバスで移動中に見かけた看板で、センスの良さにたまげた。

何気ない看板がこのレベルでイタリアデザインには適わない。

|

イタリア絵画紀行 その38 再びローマへ

Roma2聞きしに勝る強行軍の阪急交通社韋駄天イタリア紀行は、アウトストラーダa1で夜のうちにナポリからローマに入った。

Micミラノのダヴンチ、
フィレンツェのボッチチェリ、
ローマのミケランジェロ、
どこかに決めるとなれば、
ローマの休日の名セリフから
”いずこも忘れ難く善し悪しを決めるのは困難...ローマです!無論ローマです!”となる。

Am1いきなりヴァチカンでここからのガイドさんが、ローマの某大学修士課程で絵画の歴史を専攻中で且つ女優さんで(映画アマルフィに出演)ユーミンのそっくりさんとなった。

|

2011年6月 4日 (土)

レコードプレーヤ用モータ その8

Acmxレコードプレーヤに使えるacモータ(シンクロナスモータ)は残念ながら殆ど存在しない。

もっと問題は車で、自動車用モータにモータの主力が移ってしまった為磁石つき高効率モータの設計者ばかりで、旧態依然としたacモータのエンジニアは少ない。もしかしたら居ない?のかもしれない。

最近acモータのエンジニアと議論したが、どうも真実の迫力が希薄でacモータの置かれた立場とリンクしているような気がしてならない。

cdもだめになりレコードもcdも過去の物になりつつある現在、ややっこしいデジタルで全くタフでないcd機より、自分でメンテできタフなレコードプレーヤの方が存在価値は増す。

理想レコードプレーヤ用acモータ開発はあんぷおやじの天職で、最終章に相応しい仕事と思う。

|

2011年6月 3日 (金)

Billie Holiday その2

Billx100例年ならばジョン.コルトレーンの命日が近づくとジョン.コルトレーンを掛け始めるのだが、今年はビリー.ホリディになってしまった。

一番の要因は”謎めいたjazz喫茶amp工房”のオーディオ装置が”憂い、慈悲、悲しみ”を上手く表現できるようになったに他ならない。

長年トランジスターに情熱を燃やしトム.コランジェロのcello performance を目標にやってきたて、表現力ではそれなりの成果が出た。

しかしである駆動力ではトム.コランジェロの遺作、viola bravoの4boxには到底適わない。そこで駆動力はとうに諦めて真空管を操り、色気、音色で勝負と出た。

Billx20その成果がビリー.ホリディで、古い録音もその時代をうまく操る音となった。かくして日々ビリー.ホリディである。

アニー.ロスが親友ビリー.ホリディを歌うのに25年も掛かってしまったと回想していたのは凄いことで、
アニーを聴いた瞬間、
アニー.ロスは歌い、
ビリー.ホリディは語る、
と直感した。

|

イタリア絵画紀行 その37 ポンペイ了

Red20ポンペイ最後は秘儀壮(秘儀の間)の見学で、余りにも赤い”赤”にやられた。

赤の壁画は地中深く封印されて皮肉にも上質に保存された。

Red10謎めいてい妖しげで現代社会と同じ香りを持つ秘儀の間の赤の壁画は、イタリアルネッサンス直前までの宗教画より進化していて、ポンペイの絵画技術(思想)が封印されなければ、後世に大きな影響を及ぼしたに違いない。

ポンペイの社会構造は高度に進化して随所に歓楽街の痕跡を残している。現代との近似性を強く感じてポンペイを後にした。

|

2011年6月 2日 (木)

イタリア絵画紀行 その36 ポンペイ3

Ponp8ポンペイ遺跡の画像をアップします。

紀元時代の封印が解かれ、まさに地中より露出した姿は現代社会のそれを示す。

時代(テクノロジー)は進化したはずだが人間の本質はたいして進化していない。

Ponp9

Ponp10

Ponp1

Ponp2

Ponp3

Ponp4

Ponp5

Ponp6

Ponp7

背後に寄り添っているのがヴェスヴィオ火山で紀元にポンペイの街を封印して後、再び封印する事はないのだろうか...

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »