« イタリア絵画紀行 その46 ヴァチカンの回廊 2 | トップページ | イタリア絵画紀行 その47 ヴァチカン署名の間 »

2011年6月18日 (土)

ユタ州オーディオ奮戦記 その2

Utax行動の原点と人生は実に”妙”である。

ある人物は恐怖心が行動の原点であり、ある人物は夢とロマンが行動の原点だった。

ニューヨーク、ジョンFケネディ国際空港からAAAの国内線に乗り換へ、ソルトレイクへ向かう。

まだアメリカに淡い夢を抱いていた時代で、まさに夢とロマンで乾いたユタの大地に降り立った。空港で借りたレンタカーにはボブ.マーリーのcdが置き忘れてあり、レゲエに身を委ねながらすっかりアメリカンドリームになりきって西部劇の荒野を疾走した。

Utaxxxxxx名刺のLLCとは日本でゆうなれば有限会社で、市役所へ出向き資本金を支払い”sound tec llc”を登記した。

晴れてユタ州にあんぷおやじオーディオカンパニーができたのだった。

|

« イタリア絵画紀行 その46 ヴァチカンの回廊 2 | トップページ | イタリア絵画紀行 その47 ヴァチカン署名の間 »