« ユタ州オーディオ奮戦記 その2 | トップページ | ユタ州オーディオ奮戦記 その4 »

2011年6月22日 (水)

銀,銅,金,アルミ

Peruginoxシスティーナ礼拝堂のペルジーノ (Perugino)作”聖ペテロへの天国の鍵の授与”3.35mx5.4m、フレスコ画。

システィーナ礼拝堂は美の宝庫でミケランジェロにやられてしまうが、ラファエロやペルジーノなど凄い作品が側壁に描かれている。

聖ペテロへの天国の鍵の授与は、天国の鍵は金の鍵で地獄の鍵は銀の鍵としている。

あ!その話ではない。

銀,銅,金,アルミの順番で抵抗率や熱伝導では銀が一番優れている。アルミは重量の関係で特別高圧の送電線や、もしかしたらプリウスなどの車用モータ巻き線に使われる?からオーディオには似合わない。

すると銀,銅,金,の3択で先ず銅は金に同じと書くので合格、残りは金となり銀は使わない。エレキ楽器やシンセサイザーなどロック系は実に美しい銀だが、jazzではベースの胴鳴りが消えたりシンバルが薄味になり合わない...当社比の我田引水でスマン。

|

« ユタ州オーディオ奮戦記 その2 | トップページ | ユタ州オーディオ奮戦記 その4 »