« イタリア絵画紀行 その42 ヴァチカン2 | トップページ | イタリア絵画紀行 その43 システーナ礼拝堂 »

2011年6月11日 (土)

レコードプレーヤモータの電流ファイナル

Sinxレコードプレーヤ用リラクタンスシンクロナスモータの最後のサーボ調整作業に入った。

出来るだけ流す電流を減らしモータが潜在的に持っている振動を極力減らした。

結果的にモータの振動は減り美しいサイン波の電圧と電流になり、これで自信を持って出荷できる。

2uv参考までにemt927の電圧波形を添付するが、ac電源でモータを回すとこのように歪んだ電圧波形になってしまう。

レコードの音がオリジナル盤に適わないのは、昔はインバータなど無く電源が綺麗なサイン波だったからか?

時代は本当に進化したのかね...

|

« イタリア絵画紀行 その42 ヴァチカン2 | トップページ | イタリア絵画紀行 その43 システーナ礼拝堂 »