« イタリア絵画紀行 その36 ポンペイ3 | トップページ | Billie Holiday その2 »

2011年6月 3日 (金)

イタリア絵画紀行 その37 ポンペイ了

Red20ポンペイ最後は秘儀壮(秘儀の間)の見学で、余りにも赤い”赤”にやられた。

赤の壁画は地中深く封印されて皮肉にも上質に保存された。

Red10謎めいてい妖しげで現代社会と同じ香りを持つ秘儀の間の赤の壁画は、イタリアルネッサンス直前までの宗教画より進化していて、ポンペイの絵画技術(思想)が封印されなければ、後世に大きな影響を及ぼしたに違いない。

ポンペイの社会構造は高度に進化して随所に歓楽街の痕跡を残している。現代との近似性を強く感じてポンペイを後にした。

|

« イタリア絵画紀行 その36 ポンペイ3 | トップページ | Billie Holiday その2 »