« レコードプレーヤ用モータの音を良くする | トップページ | イタリア絵画紀行 その52 天使と悪魔1 »

2011年6月30日 (木)

ユタ州オーディオ奮戦記 その5

Solt1xソルトレイクは読んで字の如く塩の湖がある。そして冬季オリンピックが行われるほどだから山には残雪が見える。

気温は結構暑いが乾燥しているので蒸し暑さは無い。

A1x o商事とf評論家の強力な後押しでサウンドラボのコンデンサスピーカが一世を風靡し、妙なる音を撒き散らした。

最近は殆ど聞かなくなり”流行モノ”だった。

流行モノで片付けられないのがあんぷおやじ等サウンドラボA1大型コンデンサスピーカのオーナーで、
髪の毛が引っ張られる!
夜な夜なジージー音がする!
時々パチッと音がする!
など殆ど怪奇現象だった。
挙句現在は大型ゴミ的存在である...

saund lab社もソルトレイク近郊にあり電話で所在を確認した。実はこの当時まだA1に未練があり、ノウハウを教わり自力再生を目指したのだった。

|

« レコードプレーヤ用モータの音を良くする | トップページ | イタリア絵画紀行 その52 天使と悪魔1 »