« イタリア絵画紀行 その58 トレビの泉 | トップページ | ジョン.コルトレーン命日 »

2011年7月16日 (土)

Cardas ケーブル

Cardas23.11震災の時は台北へ出張中であった。翌日仕事を終えて後、cardasの正規代理店へケーブルの買出しに出かけた。

cardasの切り売りケーブルだけでも20種類くらいあり、品定めは感でしかない。

完成品のケーブルはCardas Golden Referenceだけを使い、その他はcardasの配線素材を購入して被覆や振動対策を施しpieta audioのケーブルを作る。このケーブルの音楽表現力が実に豊かで最近の進化の原動力である。

Cardas1xオーディオメーカのエンジニアに自慢げにこの台北から入手したcardasを見せたら、
あんぷおやじー、こりゃあ凄いぜ!こんなケーブル見た事が無い。
え!
このケーブルは中心の細いofc線から外周へ行くほど太いofcにして周波数通過帯をコントロールしている。

目も耳も悪くなり気がつかないコトだらけで情けないが、発想や創造力は相変わらず奇想天外で衰えを知らない。cardasとあんぷおやじ流儀のコラボレーションはしばらく続きそうである。

|

« イタリア絵画紀行 その58 トレビの泉 | トップページ | ジョン.コルトレーン命日 »