« ユタ州オーディオ奮戦記 その5 | トップページ | イタリア絵画紀行 その53 サンピエトロ大聖堂 »

2011年7月 1日 (金)

イタリア絵画紀行 その52 天使と悪魔1

Peterox頭上がベルニーニのバルダッキーノで、この階段を下りていくと最終的には聖ペテロの墓がある?、と天使と悪魔ではなっていた。

”あのー、天使と悪魔の撮影に、このサンピエトロ大聖堂やシスティーナ礼拝堂をバチカンが良く許可を出しましたね?”と聞くと、

美術史専攻のガイドさんが、
”許可どころかバチカンにかなり睨まれたようで、映画は殆どコンピュータグラフィックだったようです。”と説明してくれた。

納得はしたがどう見てもサンピエトロやシスティーナで実写したとしか思えなかった。このバルダッキーノの階段下でカメルレンゴが焼身自殺する場面があり、腕を伸ばして撮影した。

この先も天使と悪魔の現実非現実を探る事になった...

|

« ユタ州オーディオ奮戦記 その5 | トップページ | イタリア絵画紀行 その53 サンピエトロ大聖堂 »