« JAZZドラマー 横山和明君 | トップページ | ユタ州オーディオ奮戦記 その10 物騒なお話 »

2011年7月30日 (土)

CARDAS 純銅スピーカー端子

Tb1xaltecシステムのネットワークをバイワイヤリングにしたのでついでに端子をcardas純銅スピーカー端子にした。

トランジスターや球の銘球を探すのも大事だがオーディオ経路における音楽情報の欠落防止も重要で、この純銅スピーカー端子はその立役者になる。

cardasの部品はあっちこっちに増え始めてrcaプラグやジャック、これらを交換するたびに気配感がどんどん増えてエライ事になってきた。

|

« JAZZドラマー 横山和明君 | トップページ | ユタ州オーディオ奮戦記 その10 物騒なお話 »