« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月27日 (土)

レコードプレーヤ復活 その2

Dp80x45回転lpの少しピッチが速いものもdp80に付いているピッチコンで難なく調整できて便利である。

リラクタンスシンクロナスモータを使ったemt927の周波数の微妙なズレは修正できなかったが、dp80はその点便利である。

聞き込んでエージングも進み徹した防振対策を施したdp80は、情報量ではむしろ多く音色も素晴らしくただ音が軽いだけである。

cdプレーヤもアキュフェーズ年代モノのだしターンテーブルも年代モノで、情報量が十分すぎるとはここの部分は何でも良いのかも知れない。

ラスベガスのcesに出品の再にはdvdプレーヤの1万くらいにモノで驚かしてやろうと密かに企てている。

|

イタリア絵画紀行  番外編

Amaxxこれだけ雨に祟られた海外ツアーは初めてでたまげた。

奇跡は起こるもので、急遽切り替えたアマルフィ観光ではポジターノを見下ろす撮影スポット写真撮影中、にわかに雲が引き始めて光が海面を輝かし始めた。

ギリシャ神話の女神を祭ったアマルフィ海岸の伝説に相応しく、天空から大いなる意思が作用したのだろう。

|

2011年8月19日 (金)

ワウフラメータ

Wu1xメグロのmk-617の登場である。これで合計3台のワウフラメータを持つことになった。

ターンテーブル回転系の仕事ではワウフラメータは必須で、片時も手放せない。

速度制御のpi、ip制御パラメータはワウフラメータを睨めっこしながら調整し、この値に一喜一憂してしまう。

思わず期待値が出ると流石メグロやー!となり、悪い値が出ると、なんやこのメグロはー!と罵りメータには責任が無いのに...

|

2011年8月17日 (水)

イタリア絵画紀行  了

Roma1xローマ最後の夜はカンツォーネのディナーショウで楽しんだ。

阪急交通社韋駄天イタリア紀行は全く盛り沢山で、観光コースのバーゲンセールと言ったところか?

Roma2xミラノのマルペンサ空港から始まりローマのフィウミチーノ空港で帰国となる。

次回からはローマやフィレンツェなどのイタリアルネッサンスの美術館に長逗留して、じっくり絵の勉強をしよう。

Pieta1xイタリア絵画紀行最大の収穫はバチカンでピエタ像の撮影に成功したことである。観光客が居なければ難なく撮影できるが、ピエタ像の前は人々でごった返していて落ち着いて撮影が出来ない。

この写真を基に模写を開始する。

|

2011年8月12日 (金)

レコードプレーヤ復活

Dp80xemt927の修理が1年近くに及びその間dp80はお蔵入りをしていた。

emt927の納品が終わりdp80を復活させるが、そのまんま回したのではemt927に余りにも違いすぎるのでsmeのアームから出ているrcaピンケーブルをカルダスのhexlinkのゴールデン5cにした。

更にrcaピンプラグは台北のカルダス代理店から手に入れたモノに付け替えた。

準備万端整って音だしするが何とも情報量が増えてたまげた!emt927の腰の据わった音には到底適わないが、pieta audioのスーパーターンテーブルが出来る間の繋ぎ役には十分である。

|

2011年8月10日 (水)

イタリア絵画紀行 その63 ローマ1

Romax朝暗いうちにホテルを出発して遂には夕方になってしまった。

コロッセオの他にスペイン広場へも行き、そして自由時間になるが時間が既になくなっていた。

パンティオンもホロロマーノも、何と言ってもサン・ルイージ・デイ・フランチェージ聖堂のカラバッジオを観るは叶わずで、次回に大いなる土産を残してしまった。

韋駄天阪急交通社のイタリア紀行は盛り沢山で随分あり難かったが、やはりローマだけで長逗留しなければならない。

|

2011年8月 8日 (月)

CARDASケーブル振動対策 了

Ampxcardasゴールデンリファレンススピーカケーブルの振動対策を終えて、いよいよシステムに設置した。

正面のバンザイケーブルがそれで、1mチョイの短いケーブルでは妙な格好だが致し方ない。

ビルエバンスのビレッジバンガード盤が判断基準で、カチャカチャゆう食器の音や話し声が益々明快になりきりがない。

一体この気配感の進化は何処まで続くのだろうか?

|

2011年8月 4日 (木)

イタリア絵画紀行 その62 コロッセオ2

Coro1一度はコロッセオの内部を見学したかった。

”構造は火山灰を利用したコンクリートで出来ている。
鉄骨を用いないコンクリートで幾多の地震に崩壊しなかったのは全体が円筒形で力学的に安定していたためである。”...wikipediaから引用

元4番ロックの卒研が”火山灰を利用したコンクリート”で、紀元元年に既に作られていた事実は凄い。

Coro2この内部撮影中にixyデジカメが画像が真っ白になり、こときれた。

Coro3

Coro4

Coro5

Coro6天候のせいだったのだろうか?キリスト教徒迫害の聖地の重みか?

コロッセオ内部の見学を終えて外へ出た瞬間肩がスーっと軽くなるのを感じて、一度は見たかったが2度は必要ないと決めた。

|

2011年8月 3日 (水)

CARDASケーブル振動対策 その2

Cardasx手間が掛かりこの超多忙な時期にオーディオもママならないが、思い切ってcardasケーブルの振動対策を敢行した。

左は前にアップした288-16gドライバー用のケーブルで、右がゴールデンリファレンスバイワイヤリングのアンプからネットワークへつなぐメインケーブルである。

ゴールデンリファレンスの振動対策ケーブルの外形はビール缶と比較してもらえれば太さが分かると思うが、アナコンダケーブルになった。

肝心の音は...ビレッジバンガード1961年録音のビル.エバンス盤再生で”そこに居る”状態となり、してやったりである。

|

2011年8月 1日 (月)

佐藤允彦ピアノトリオjazzコンサート

Satox10月3日、佐藤允彦ピアノトリオjazzコンサートが正式決定した。

ピアノの佐藤允彦さんは言わずと知れた日本jazz界の至宝、ドラムの村上寛さんは1960年代も終わり頃本田竹広トリオで活躍していてレコードで良く聞いた。ベースはjazzサムライの加藤真一、加藤の真ちゃんである。

チケット代金4500円ではとてもペーできないように思うが、還暦過ぎ同級生のjazzプロデューサーm氏の成せる技か?

当日は是非謎めいたjazz喫茶amp工房へ寄って頂き、彼ら自身のレコードを聴いてもらおうと思っている。

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »