« イタリア絵画紀行  番外編 | トップページ | ビル.エバンスのサイン »

2011年8月27日 (土)

レコードプレーヤ復活 その2

Dp80x45回転lpの少しピッチが速いものもdp80に付いているピッチコンで難なく調整できて便利である。

リラクタンスシンクロナスモータを使ったemt927の周波数の微妙なズレは修正できなかったが、dp80はその点便利である。

聞き込んでエージングも進み徹した防振対策を施したdp80は、情報量ではむしろ多く音色も素晴らしくただ音が軽いだけである。

cdプレーヤもアキュフェーズ年代モノのだしターンテーブルも年代モノで、情報量が十分すぎるとはここの部分は何でも良いのかも知れない。

ラスベガスのcesに出品の再にはdvdプレーヤの1万くらいにモノで驚かしてやろうと密かに企てている。

|

« イタリア絵画紀行  番外編 | トップページ | ビル.エバンスのサイン »