« ターンテーブルの速度精度 | トップページ | DP80振動対策 »

2011年9月29日 (木)

振動対策

515bx残された振動対策で重要な箇所が3つある。

久しぶりに割烹わかすぎの若旦那が訪ねてくる。正確な耳の持ち主は直ぐに聴きぬき”ウーハーの力が無いね”と言う。

”あのーですねー、515bのケーブルが実は...”直ぐにばれてしまった。

288-16gや1502のケーブルはカルダスに交換して更にケーブル振動対策を施し、しかし515bのケーブルはベルデンのままで振動対策も施していない。

台湾出張の折、カルダスケーブルを仕入れて交換振動対策を施そう。amp工房のアンプはかなり進化したが、振動対策を最後までやらないとバランスが取れない。

アンプがマスターでケーブル如きはスレーブや!果てはケーブルドライブでアンプの出力インピーダンスを下げて...気持ちは分かるがケーブルドライブと意識するならば振動対策にも意識を集中すべきで且つマスター、スレーブなどとゆう身分の差はなく、アンプもケーブルもマスター同士で対等と考えた方がオーディオは面白くなる。

|

« ターンテーブルの速度精度 | トップページ | DP80振動対策 »