« DP80振動対策 | トップページ | A Simple Matter Of Conviction »

2011年11月10日 (木)

音質調整作業

Cdpx音質調整作業は重要な仕上げ作業で、昔はアナログアンプのパラメータボリュームをドライバーで調整しながらの作業だったが、現在はソフトウエアのpidパラメータの調整となり隔世の感がある。

オーディオ機器メーカの開発を請け負って最後は結局音の世界に入り寝食を忘れる。

午後11時きっかりに出社してコーヒーを落としアンプ系に火を入れてエージングを開始する。待ち時間に美味いケニアに満足しながらアンドレプレヴィンのキングサイズを掛ける。

午前1時過ぎ、電源の浄化が進みいよいよ音質調整作業の開始である。

1958年のこの録音はとんでもなく凄く、レッドミッチェルのベースが唸りを上げる。ピアノ曲で音質調整をするのがあんぷおやじ流儀で、これに合格して始めて他の器楽曲へとテストは移る。

125khz電流制御時間の超高速サーボアンプが段々手の中で転がり始め、ピアノが伸びやかになってきた、おっとこのピアノのよれはなんだい録音の問題か?あ!深夜轟音になって近所から苦情が?かくして今宵もふけて...ではなく夜が明けてか!

|

« DP80振動対策 | トップページ | A Simple Matter Of Conviction »