« レコードプレーヤ用速度センサー | トップページ | アナログレコード その2 »

2011年12月 7日 (水)

アナログレコード

Lpxインターネットでcdやlpを検索するとダウンロード1曲150円と出てきて、時代の様変わりを感ずる。

近所の有名だったcdショップ”すみや”は既に無く買物をする楽しみが奪われた。

ダウンロードで音楽データの入る先はメモリーかハードディスクであるが、早晩シリコンディスクに切り替わり全てが”新石器時代の珪石(シリコン)”に支配される。音の良いメモリーならばあんぷおやじは得意で、dramやフラッシュは具合が悪くここ一番sram(超高価)の登場となろう...あ!この話ではない。

d4studioさんのお骨折りで米国からアナログレコードが大量に届いた。伊豆のdcアンプマニアの雄DCアンプmaniaさんも近頃はアナログが凄い!と関連アンプ作りに没頭しているが、時を同じくしてamp工房ではアナログ革命が起きてしまい(スマン、あくまでも当社比較のお話デス)デジタルそっちのけでレコードの威力にたまげている。

お好きにどうぞ!でシリコンへ書いたデータも良いでしょうが、曖昧模糊なあやしい機構のレコードプレーヤはアメリカから届いたばかりのアナログレコードからjazzは爆発や!が噴出して真にアナログは凄いぜ...

|

« レコードプレーヤ用速度センサー | トップページ | アナログレコード その2 »