« ホール素子でサイン波駆動する方式 その5 電気角2 | トップページ | ホール素子でサイン波駆動する方式 金田式とあんぷおやじ式 »

2012年1月26日 (木)

ホール素子でサイン波駆動する方式 その6 sp10

Sp1011ここでもう一度sp10の位置検出を見てみよう。sp10は20極60スロットで1回転で繰り返される電気角は10回で一回当りの機会角は360度/10=36度となり36度毎にサイン波の1サイクルとなる。

位置検出はu,v,w相の3個がステータの内側に組み込まれインダクタンスの変化を検出している。

Sp1013ロータを見ると磁石の内側に位置検出の歯車状の金属がロックペイントでしっかり固定され、位置検出の精度を確保している。

この歯車が丁度10個で電気角の10を表している。

33rpm金田式の場合この位置センサーから出力された信号をそのまんま検波増幅しているので、この時点で正確なサイン波は望めない。もしどうしても金田式でサイン波駆動するならばsp10を2段重ねにして上モータは駆動用下モータは位置検出用の発電機にすれば良い。

この画像はsp10を33rpmで回し逆起電圧を測定したものだが非の打ちどころのないほど綺麗なサイン波で、u,v,wと出力されているから増幅して駆動すれば見事なサイン波駆動となる。

|

« ホール素子でサイン波駆動する方式 その5 電気角2 | トップページ | ホール素子でサイン波駆動する方式 金田式とあんぷおやじ式 »