« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

真空管トランジスター

Trx現代社会は複雑さに満ち満ちて理解しない者は何がしかの劣等感を持つか、はなっから諦める。

複雑さの理解は先ずカオス状態を丹念に解きほぐし量子化レベルまで単純化する。すると誰でも分かり”なんーだ、そんなことか!”と理解できる。

真空管は構造がガラス管だから表面から各部や動作が見えて、たいていは理解できる。所がトランジスターは金属や樹脂で覆われた見る事が出来ないから、さっぱり分からない。

そこであんぷおやじ流儀トランジスターは画像の点接触トランジスターのモデルの如く、トランジスターを真空管の中に入れてしまう。ベース素材やワイヤボンデは金を使いその他の素材は高純度銅材を使用して、音対策に万全を期する。

かくして赤塚不二夫のウナギイヌみたいな奇妙な真空管トランジスターとなる訳...

|

2012年7月 8日 (日)

オーディオ ビギニング

Beta8x清水(市)のあかほりは入り浸ったオーディオショップで、店主が結構理論派だった。

コーラルのbeta-8は鳴り物入りで登場して、それまでのスピーカ技術とは一線を画すモノとprされて飛びついた。それまではロクハンやジャンクでまかなっていたものが、オーディオはお金なりを肌身に感じた。

そのあかほり店主お薦めがbeta-8だった。

”あんぷおやじー、10インチは分割振動が起きて具合が悪く8インチが音にとっては最良だぜ!”と一級下のオーディオ仲間が進言する。”あのー...実は自分でもそう思っててさー...”としどろもどろ。

内心はbeta-10に決めていたものがbeta-8に切り替わった。

jazzは素晴らしく良く鳴りご満悦の日々!
一級下のオーディオ仲間の家に遊びに行くとちゃっかりbeta-10が迫力でjazzを奏で、以来”知ったかぶり理屈者は信用しない”コトに決めた。

|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »